エッセンシャルオイルは生活の必需品

July 18, 2008

お元気でいらっしゃいますか? 私のいるワシントン州はとてもすがすがしく、毎日快適に過ごしているのですが、日本はいかがでしょう???

今回は暑い夏を乗り越えるための生活の知恵を伝授します。

ペパーミントは必需品

私が日本に行くたびに思う事は、大気汚染です。日本(得に東京近辺)の空気に慣れるのに2日間ほどかかります。が、ペパーミントのおかげでなんとか乗り切っております。今回はエッセンシャルオイルの中でも基本の基本、ペパーミントに注目しましょう。

1)ペパーミントを鼻の下に少量塗布してタバコの煙が鼻にこもるのを除去してできます。

2)暑い夏には虫さされを防ぎたいですよね。ペパーミント(もしくは、ピューリフィケーション)を首根っこに2滴垂らすことで虫除けにもなります。

3)虫さされの場合にもペパーミント(もしくは、ピューリフィケーション)を塗布し、毒を解毒し、かゆみを和らげましょう。

4)外が暑いと体内の温度も上がります.ペパーミントを一滴グラスにたらし、お水を注いで飲むことで体温を下げてくれます。スッキリ感と爽快感をもたらしてくれますよ。 暑いと何もやる気が起こりにくいですよね。

5)ペパーミント水を飲む事で、熱射病の予防にもなります。

6)熱射病にかかった際も足の裏に3滴づつ、ペパーミントを塗布しましょう。熱をさげてくれます。

7)食事の前にペパーミントの香りを嗅いだり、ペパーミント水を一杯飲むと、満腹中枢をしげきされるので食べ過ぎを防いでくれます。これにより、体重を減らされた方も多くおります。

8)食欲がない時はペパーミントの香りを嗅いだり、ペパーミント水を一杯飲んで、胃を活性化してあげましょう。身体に必要な栄養分を受け入れる体制をつくってくれますよ。

9)ちょっとした炎症や打ち身には、ペパーミントを直接皮膚の上に塗布すると筋肉も和らげられ細胞を再生してくれます。エッセンシャルオイルには抗炎症パワーがあります。

エッセンシャルオイルの不思議

上の7と8を見て矛盾していると思いませんか? 食べ過ぎを防ぐのもペパーミント、食欲促進もペパーミント? 

これは、エッセンシャルオイルに備わっている天性の知恵のおかげです。体内にオイルの成分が入ってくる時に、咄嗟に私たちの体内状況を察知してバランスのとれていない部分にのみ、働きかけます。ですから、食事ができずに生命の危機にさらされるような時は、元気をつけてくれて、なんとか胃を活発にし、食べる行動をおこさせてくれますし、逆に、感覚機能が麻痺し、食べ過ぎてしまうような状態の時には、胃もたれや消化不良をおこさせるのを防ぐために、「もう食べ物を入れないで!」と、ブレーキをかけてくれるのです。痩せ過ぎも太り過ぎも全く逆ですが根本は同じ。バランスがとれていない状態です。アンバランスの部分にバランスをもたらす働きをしてくれるのがエッセンシャルオイルなのです。

質問コーナー

Q1。ペパーミント水を飲むと唇や口の周りがぴりぴりして不快感をもたらすのですが。。。

答え:水がすでに入ったグラスにペパーミントを垂らすとよく馴染みません。そこで水を飲むと口のまわりにオイルの成分が集中してしまうのでぴりぴりするのです。そこで、水を注ぐ前に、グラスに直接オイルを垂らしてから水を注ぐと馴染みやすくなり、不快感を防ぐ事ができます。それでも嫌な方は、グラスの瓶にペパーミント水を入れて、そのまま冷凍します。それを自然解凍すると、よく水とオイルが混ざり合うのでマイルドになります。これは、ヤングさんから教えてもらいました。

ちなみに、ヤングリヴィング社の創立者であるゲリー•ヤングさんがブレンドを調合する時も冷蔵庫に一日眠らせて結婚させてから(彼曰く)販売されます。ひとつひとつ違う個性をもったオイル達もこれで一体化できるようです。寒さを防ぐためにハグ(抱き合いっこ)しあっているかのようですね。

知ってました?

1。ヤングリヴィングのペパーミントの一滴が28杯分のオーガニックのペパーミントティーに匹敵します。

2。おまけですが、寄生虫はペパーミント(また、ダイガイズ(消化器系ブレンド))が嫌いなようです。エッセンシャルオイルは寄生虫を殺しません。では何が起こるかというと、寄生虫が逃げて体外へでてくれるのです。ヤングさん曰く、一杯のペパーミント水を飲むと寄生虫が3匹くらいは逃げてくれるようです。

3。ヤングリヴィングの農場で最近学んだことですが、とても栄養分が行き届いた、質の良い植物には害虫が寄り付かないのだそうです。ですから、ヤングリヴィングで栽培されている植物には農薬も一切いらずに自然のまま、山から運ばれてくる自然水を飲んですくすく育つのです。これは、栄養をよく与えた子供が病気知らずですくすく育つのと一緒です。

Q2。授乳中の方、赤ちゃんにもオイルの量は気にせず、使ってもらってもよいですか?

答え:よくある質問のひとつです。乳中の方にももちろん、エッセンシャルオイル(セラピー等級に限りますが)を安心してご使用していただけます。 カタログなどに授乳中は避けてくださいというものは(ペパーミントなど)、薬事法によるものです。ご自身でやめた方が良いと感じたら、そのオイルを使用するのを待ってください。個人個人の判断にお任せます。、生まれたての赤ちゃんにもエッセンシャルオイルは安心して使用していただけるのです。ただし、セラピー等級のオイルに限ります。オイルの量は大人の半分、もしくは一滴、もしくは香りを嗅がせるだけでもとても効果的ですよ。

授乳中の方にももちろん、エッセンシャルオイル(セラピー等級に限りますが)を安心してご使用していただけますが、薬事法規定がありますので、ご本人の判断にお任せいたします。

アメリカでは生まれたばかりの赤ちゃんにもフランキンセンスやラベンダーを頭頂に塗布される方が多くおります。(イエス・キリスト誕生の際もフランキンセンス、ミルラなどが聖油として(日本でいう厄よけとして)塗布されました)。オレガノ、タイム、クローブなどとてもぴりぴりするオイル以外は安全です。初めての方にはラベンダーやピース&カーミングをお薦めです。

授乳中の方にはラベンダーとピース&カーミングの他にジェントルベイビーというブレンドもあります。乳首の周りをこれらのオイルでやさしくマッサージして、良い母乳がでるよう、促してあげましょう。

エッセンシャルオイルの成分そのものが母乳にでてしまうことはありません。

私の観点から言わせていただけば、妊娠前、妊娠中、授乳中、病人、どんな方にも役立つエッセンシャルオイルなので、使用しないのがもったいないです。

こんなに素晴らしいエッセンシャルオイルを宝の持ち腐れにしていらっしゃる方がいっぱいいます。そのような方々にエッセンシャルオイルの使用法を伝授してあげられるのが私の係であり、私と同じ役目をしていただけるメッセンジャーを養成するのも私の役目です。

ゲリー•ヤングさんの目標は、このように、赤ちゃんから成人、お年寄り、動物、植物、健康を持続したい方、健康を促進したい方、すでに病を生じてしまっている方、などなど、どなたのためにも癒しのお手伝いをしてくれるセラピー等級のエッセンシャルオイルを世界中に広めること。将来的にはどの家庭にもセラピー等級のエッセンシャルオイルが常備されている状況へと導いていくのが目標です。

今まで使用しなかったのは、使用法やオイルの知識を知らなかっただけ。毎回ニュースレターで新たな事を学ぶ事でひとつひとつ生活の知恵を得る事ができ、それを家族の方々、大切なお友達、近所の方々ひとりづつ伝授していくことができるのです。ヤングリヴィングのオイルを使用している皆様は自然環境保護のために役立っているのですよ。

自然環境保護のためにできる簡単な事は身体にも環境にも優しいものを使用する事:

ヤングリヴィングにはすでに、下記の商品があります:

1)肉体面、精神面、霊性面、環境面のバランスと癒しをもたらすセラピー等級エッセンシャルオイル(シングルとブレンドを合わせて100種類以上もあります)

2)生活必需品:歯磨き、石けん、シャンプー、コンディショナー、マウスウォッシュ、デンタルフロス、リップバーム、家庭用洗剤(ハウスホールドクリーナー)

3)スキンケア:ローション、モイスチャライザー、洗顔ソープ、リンクルクリーム、アイクリーム、ビューティセラム

4)抗酸化パワーの高いニンシアレッド•ジュース

5)個人輸入になりますが、世界初、エッセンシャルオイル配合のサプリメント(酵素から、マルチビタミン、ホルモンバランス、ミネラルエッセンス、オメガブルー(オメガ3脂肪酸)、解毒用キット、プロテインシェイク、スナックバー、子供用ビタミン、などなど)。

すでに、エッセンシャルオイルを生活の一部として使用している皆様方は自然の賜物に感謝をし、生活の知恵をひとつひとつ身につけ、実践していきましょう。それを周りの方々、次の世代にも伝授してあげられるのです。自然から生まれた生活の知恵を分かち合う(シェア)ことで自然から愛情を受け取り、自分にも笑顔、周りにも笑顔が生まれたら、これほど幸せなことはないですよね。シェアすることで、人々と自然のための奉仕活動をし、魂を浄化し、磨くことにまります。一日一善で私たちの周りに愛と光を注いであげましょう。

愛と感謝を込めて。。。

ヒロコ



注意書

このニュースレターで紹介されているエッセンシャルオイルは100%ピュアで、農薬/化学薬品を一切使用せ ずに栽培され、抽出されたセラピー等級品質であり、肉体面ー感情面ー精神面ー霊精面のヒーリングの目的でも使用されている品質ですので安心してご使用いただけます。

* 肌に優しいエッセンシャルオイルはお肌に塗布しても安心です。刺激の高いエッセンシャルオイルは植物性のキャリアオイルと一緒にご使用ください。

* 天然香料(食品添加物)として認められているエッセンシャルオイルでしたら飲用もできます。

* ただし、妊娠中、授乳中、高血圧、てんかんの方は医師、もしくは専門科とご相談の上ご使用ください。



ヒロコ・ヒバードによるヒーリングセッション

ニュースレターのページに戻る

エッセンシャル•ライフ•ジャパン


このページのトップに戻る